Steve Nickel

biography

1965年3月26日誕生。
 
8歳:学校&義務教育を自身で放棄。
10歳:友人宅で初めてエレキギターに出会い、今世はこれをやりに来たことを悟る
→死ぬまでGuitar人生
15歳:ギター修行のため単身渡米      
サンフランシスコのストリートでバスキングをしながら独学で​ギターを習得
アーティストネームである“STEVE”は当時のニックネーム

1988年 帰国。

数々のバンドを結成するかたわら
伝説的ミュージシャン達と多数のセッションをこなす
フジロックを始めとする 現在の大型野外イベントブームの
先駆けともいうべき 数々の野外フェスティバルやライブハウスを活動の中心に 日本全国をツアー
1990年~1993年 アイヌのシャーマン、アシリ・レラさんが迎えに来られ、北海道二風谷のアイヌ部落で暮らす
ここで宇宙摂理を思い出し体得

1995年~1997年
ギターとドラムのみで編成される
「Native Alien」として活動
 
1998年
変拍子を多用した独自のグルーヴ感あるギターサウンドを核としたメインユニット
「カミヒトエ」を結成
地元 関西をはじめ、日本全土、各地でツアーを敢行

1999年
「カミヒトエ」ライブ CD 発表

2000年
アコースティックデュオ「二人羽織」結成

2001年
「二人羽織」 1st CD 『紙一重』  発表 

2002年
ヨーロッパ放浪を期にソロとして新たに
「La sun」 の活動開始

2005年
愛 地球博(愛知万博)
“World Indies Festival” 出演

2007年
国内最大のジャズフェスティバル
“Sapporo City Jazz” 出演

2005年~2008
「La sun」                      
全米( ニューヨーク ・サンフランシスコ ・ロサンジェルス   ・ シカゴ ・ニューオリンズ ・ナッシュビル ・メンフィス ) 欧州( ベルリン ・アムステルダム ・パリ ・バルセロナ ・マドリッド )などで多数のパフォーマンスをこなす

2009年 
「La sun」 1st CD『Out of Strings』  発売
このアルバムは後に大野一雄舞踏研究所でも使用される。

2010年 
近江神宮 漏刻祭にて奉納演奏
 
ベルリンを拠点に3か月間ヨーロッパで活動
2011年
「La sun」2nd CD『hemiola』  発売

宮北裕美/ガラパゴス楽団『i.i.の死』ダンス作品出演
全公演で生演奏

2012年
「Native Alien」リユニオン全国30か所を4カ月にわたりツアー
2013年
「La sun」のアコースティックバージョンとして
「acoustic Sun」をスタートさせる。

 二宮 健 監督作品映画 SLUM-POLIS 出演
 
Native Alien X  CD  『Live Ticket 』​ 発売
 
2014年
「movin'on」と銘打った日本ツアー開始
同時に Sound Sketch という新たなパフォーマンスを始動
​2017年
7月7日 sound medicine 開始
2018年
4月8日 近江八幡市 沖島 西福寺
「Sound Medicine」奉納演奏
 
9月17日 京都 Blue Eyes
「La sun」と同じ手法で音を奏でる女性ギタリスト「本村ナオミ」と初共演。 "Brother sun & Sister moon" の誕生。
 
9月23日 近江八幡市 浄光寺
「Sound Medicine」奉納演奏
2019年
4月20日 四日市GALLIVER
La sun / Solar music」
"Brother sun & Sister moon" 実質Last Liveとなる。
 
10月11日 Steve Nickel 54歳で没。